まずはTOEIC500を目指せ

海外FXをはじめたい?
ならTOEIC500点はほしいところ。
英語が基本の海外FX。

最近は日本語対応なところも増えているけれども、基本はやはり英語。
ここをクリアできなければ絶対にはじめてはいけない。

海外FXの変な日本語

日本語対応だからといって、流暢でセンスある日本語を期待してはいけない。
業者としては日本人のマネーが狙いなのだから、とりあえず日本語に翻訳しとけばいいだろう的なところも少なくはない。
なので変な日本語もたくさんあるのだ。
「監督下にある金融業者」
この日本語に違和感はないだろうか?
いや、なくもないだろうが、こんな表現をしている日本の業者はほぼない。
やはり日本語対応と言っても、100%ではないし、力をかけて翻訳しているわけでもないのだ。
しかもこれを表示しているのはかの有名な海外FX業者。
やはり英語力は重要なのだ。

細かい部分もできれば理解したい

大切なお金がかかってくる以上は、規約などの部分もしっかりと理解したい。

英語で理解できるようになるにはかなりの英語の力が必要になってくるが、海外FXを正しく効果的に使いたいと思うのなら絶対に必要なことだ。
サポートも日本人サポート対応をする業者が増えてきているとは言うが、サポートする日本人がどれだけ海外FXの仕組みについて詳しいかは疑問だ。
結局の所英語でメールの回答が来たりするなど、英語を理解している必要は求められてしまうのだ。
海外FXをはじめようとしているキミ、まずは自分の英語力を確認するところから取り掛かってくれ。